2011年09月06日

松陰先生の言葉

松下村塾ってこんな感じだったのかなぁ・・・

IMG_2594.jpg

IMG_2595.jpg

IMG_2598.jpg

これは道の駅萩往還にある松陰記念館の様子。

夜もこうしてたくさんの門下生が松下村塾に集まり勉強していたのかな。

松陰先生の言葉

仁(じん)とは人(ひと)なり

人(ひと)に非(あら)ざれば仁なし

禽獣(きんじゅう)是(こ)れなり

仁なければ人(ひと)にあらず

禽獣(きんじゅう)に近(ちか)き是(こ)れなり

必(かなら)ずや仁(じん)と人(ひと)と相合(あいがつ)するを待ちて

道(みち)というべし


仁とは、それを行う人のことである。
人でなければ人徳を行うことはない。

鳥獣には仁なく、人徳がなければ人ではない。

人徳と人の身が相合するとき、道という。

松陰先生は、孟子の言葉を解釈し伝えてくれています。
松下村塾での講義がどのようなものであったか、受けてみたいです。

涼しくなってきたところ・・・
夏休みもあけたところ・・・
萩で、松陰先生の言葉を深めてみませんか?


松陰先生の教えをじっくり辿ることができるスポット松陰神社宝物殿至誠館もお勧め。

宝物殿至誠館.jpg

門下生「吉田稔麿・伊藤博文生誕170年記念展示」〜松陰先生と無逸と利助〜は9月25日までです。
posted by 管理人 at 21:32| 日記