2015年08月28日

「かわりばんこ」の語源はどこから?


今日は国内に静岡県と山口県の2ヶ所だけしか残っていない“萩反射炉”と大河ドラマ「花燃ゆ」の “ドラマ館”についてご紹介致します。

DSC_1787.JPG



萩反射炉は、佐賀県にある菊池反射炉をスケッチして、そのスケッチを基に造ったと言われています。
現在残っている萩反射炉は、煙突の部分にあたります。

DSC_1800.JPG


上2.5mは赤レンガで造られていて、下9mが安山岩で造られています。


DSC_1796.JPG

燃焼室で燃料を燃やして、その熱や炎をドーム状になっている天井で反射させ、一点に熱を集中させることで温度を上げ、鉄を溶かしていたそうです。
「熱を反射する」ということから“反射炉”とつきました。

突然ですが、みなさんは“かわりばんこ”の語源を知っていますか?

実は、「番子さん」と呼ばれている人たちが交代制で板を踏んで反射炉に風を送っていたことからきているそうです。

国内に2ヶ所しかない反射炉なので萩市に来た際には、ぜひ寄られてみてください♪


次にドラマ館についてご紹介致します。

DSC_0053.JPG


ドラマ館では、実際にドラマで使用した衣装、小物などが展示されています。
その他にも、萩でのロケ風景の映像などが流れるシアターコーナー・松下村塾授業参観・記念写真の撮影ポイントなどがございます。

私が1番お勧めするのは、「松下村塾授業参観」です。
左側にある板を叩くと授業が始まります。文や松陰がアニメーションになって登場し、
松下村塾授業風景を詳しく教えてくれます。
高杉晋作・久坂玄瑞などが登場し、松下村塾の熱血授業がよみがえります。
とても面白いですよ^^

大河ドラマの世界観を体験することができるので来館してみてください^^♪

お問い合わせ:https://www.city.hagi.lg.jp/fumi-hagi/top.html
posted by 管理人 at 11:07| 日記

2015年08月27日

トンビに注意!

今日は恵美須ヶ鼻造船所跡(えびすがはなぞうせんじょうあと)と明神池についてご紹介致します。


車で来られた方は分かると思いますが、駐車場から恵美須ヶ鼻造船所跡までの距離はちょっと遠いです。
歩くのはちょっと嫌だなぁというお客様にお勧めなのが、無料で運行している“世界遺産観光シャトルバス”です。

DSC_1770.JPG


『恵美須ヶ鼻造船所跡』・『萩反射炉』・『道の駅萩しーまーと』間を約30分間隔で循環しています。
期間は平成27年7月18日〜平成28年3月27日の土日祝日、時間は午前10時〜午後3時30分です。(8月31日までは毎日運行)
是非ご利用してみてください。

こちらが恵美須ヶ鼻造船所跡になります。

DSC_1778.JPG

DSC_1773.JPG

恵美須ヶ鼻造船所が1番最初に造ったのが「丙辰丸」(へいしんまる)と呼ばれている船です。
およそ20mの大きさでロシア式のものだったそうです。その時に艦長を務めたのが、小田村伊之助の兄である松島剛蔵だったと言われています。
次に造ったのが「庚申丸」(こうしんまる)と呼ばれている船です。
こちらはオランダ式の船だったそうです。
1つの造船所で2つの異なる技術を使って船を造るというのは当時、とても珍しいことだったそうです。

恵美須ヶ鼻造船所跡から車で約10分のところに明神池があります。
そして明神池の周りを少し歩いたところに風穴(かざあな)と呼ばれている非常に涼しい場所があります。

DSC_1802.JPG


岩の隙間から真夏でも13℃くらいの冷たい空気が流れ出ています。
これは、岩の隙間に雨水や海水が浸透し、蒸発時に気化熱を奪われるためです。夏でも12〜13℃という涼しさで、天然のクーラーとして気軽に楽しめます。


明神池の周りにはたくさんのトンビがいます。


DSC_0021.JPG


トンビは雑食で光るものを狙ってくるので、明神池で魚に餌をあげる時は充分に気をつけてください。

池にはボラやタイなど海のお魚がたくさんいます。

DSC_0018.JPG

天然の水族館と呼ばれている明神池に訪れてみてください^^!
posted by 管理人 at 13:31| 日記

2015年08月26日

来年は誰でしょうか?




松陰神社の大鳥居をくぐって少し歩いた所に、大きな絵馬が
飾られています。


DSC_1678.JPG


今日は、その絵馬についてご紹介いたします。

DSC_0422.JPG

DSC_1680.JPG

この絵馬は6年前から毎年、萩市内の各高校・中学校の美術部員が持ち回りで描いています。
絵馬には吉田松陰先生と、その年の干支にちなんだ松下村塾の塾生が登場し、今年は羊年生まれの飯田俊徳が描かれています。
鉄道の父と呼ばれている井上勝の片腕として尽力し、逢坂山トンネル建設の総監督を務められました。
松陰先生の教え子は、様々な分野においてご活躍されているんですね。


そして背景には、萩の市花である“椿”の花と萩の名産の“夏みかん"も一緒に描かれています。


来年の干支は、申(さる)ですね♪
吉田松陰先生と誰が一緒に描かれるのか楽しみですね^^
posted by 管理人 at 10:55| 日記

2015年08月25日

紹介〜萩城下町の樹木について〜

今日は萩城城下町エリアにある樹木についてご紹介をします。

木戸孝允(桂小五郎)の家の庭に枝のしっかりとした大きな松の木や、ソテツが植えてあるのを、皆さんご存知でしょうか?

向かって左側にある松の木は、樹齢およそ150年、右側にある松の木は、およそ350年だそうです。
でも、それにしてはちょっと小さめなんですよね。
実は、もともと盆栽用の松を植えたそうで、美しい枝ぶりをご覧頂けるわけです。
また、木戸孝允の父(和田昌景)は漢方医だったそうで、ソテツの実をお薬に使用していたとも言われています。

DSC_1644.JPG

裏の庭に植えてある木には、たくさんのトゲがついていました。これは、果実の種を直接植えて育ったことの象徴です。このような木は“実生(みしょう)の木”と呼ばれています。

DSC_1654.JPG

そして、木戸孝允旧宅の近くに萩の名産、夏みかんの木をご覧頂けます。一般的に、よく“だいだい”と呼ばれるのもありますが、前の年の実と今年の実が2年越しで同時につく所から“だいだい”と呼ばれるようになったそうです。
正月に使用するお飾りや鏡餅の上に乗っているだいだいには、子孫繁栄の願いを込めて家系が“だいだい”続くように、という意味もあるそうです。

DSC_1658.JPG

DSC_1655.JPG

萩の歴史ある町並みを見てお楽しみ頂きながら、ちょっと周りにある樹木に注目してみても面白いですよ^^
posted by 管理人 at 14:04| 日記

2015年08月24日

トワイライト再び


5月からJR西日本が運転しているトワイライトエクスプレス車両を使用した旅行会社専用団体臨時列車に、新たに『山陰コース(大阪駅〜下関駅)』が設定され、今日の14時に東萩駅に列車が到着しました。
“念願の萩に来ることが出来ました。”とにこやかなお顔で降りられたお客様方に、記念品として萩の名産、夏みかん菓子やパンフレット・世界遺産限定の、うちわをお渡ししました。
お客様が笑顔で受け取られたので、私たちも嬉しくなりました。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

東萩駅には3〜4時間停車し、停車している間はホームから列車を見学できます。
※ホームに入るには入場券(大人140円、小学生以下70円)が必要です。
一般のお客様も、是非トワイライトエクスプレスを観に、東萩駅までお越し下さい。
私たちが笑顔でお出迎え致します!

次回の停車日時は、8月30日【8時47分〜11時59分】と31日【14時00分〜17時46分】です。心よりお待ち致しております。

posted by 管理人 at 18:04| 日記

2015年08月23日

世界遺産の施設が公開されています!


Google ストリートビューで、7月に世界遺産に登録された
「明治日本の産業革命遺産」の施設が公開されています。

萩にある5資産も紹介されているのですが、
なんと!
「松下村塾」では、通常入ることができない室内が撮影されており、
松陰先生が教え高杉晋作ら維新の志士が学んだ講義室と、
寝泊まりをしていたとされる屋根裏部屋が公開されています。

ぜひご覧ください!
https://www.google.co.jp/intl/ja/maps/streetview/#sites-of-japans-meiji-industrial-revolution

松下村塾.jpg

松下村塾 講義室.JPG

posted by 管理人 at 18:12| 日記

2015年08月20日

本日 8月20日は、高杉晋作のお誕生日です!


天保10年(1839)生まれなので、今年で176回目のお誕生日。

城下町にあります高杉晋作誕生地では、
晋作の肖像画に大好きなお酒などがお供えされていました。

11902243_721954644583115_4827675686160049723_n.jpg

11902479_721954404583139_6756866886883860548_n.jpg

11214272_721954751249771_8535758672268820310_n.jpg

ディスカバー維新史「高杉晋作の好物」で、
晋作の好きだった食べ物が紹介されています。
http://www.hagishi.com/ishinshi/010.html
posted by 管理人 at 19:29| 日記

2015年08月17日

「2015萩観光小町」を募集しています!


萩市観光協会では、萩市内外で行われるまつり・行事・観光宣伝などの
様々なイベントに参加し、萩市の観光振興に活躍していただく
『2015萩観光小町』を募集しています!

任期は、平成27年11月1日から2年間。
満18歳以上で、萩市外での観光PRやイベントなどへの参加、また
市内でのイベント等、年間10回程度の行事に参加できる方を募集します。

こちらは、2014萩観光小町↓
萩観光小町2.jpg

自薦・他薦を問いません。
萩が大好きで、市内外でPR活動がしてみたい!という方、
ぜひご応募ください!

DSC_0762.JPG

IMG_7320.JPG


◆応募資格
 1)萩市在住で、平成27年11月1日現在、満18歳以上の女性。
 2)年間10回の行事等に参加できる方。
    勤務されている方は、活動するにあたって、勤務先の了解が
    得られ、仕事などの制約を受けずに参加できる方。

◆活動の内容と期間
 1)市内外で開催する観光キャンペーン及び各種公的行事イベントへの
    参加
 2)任期は平成27年11月1日から2年間

◆応募方法
 応募申込書に、氏名・住所・生年月日・職業及び勤務先の住所と電話番号、
 自己PRを記入し、近影の写真(正面上半身)1枚を貼って、
 (公社)萩市観光協会へ応募して下さい。自薦・他薦は問いません。
 なお、推薦者がある場合は、その方の住所・氏名・電話番号を記入して下さい。

 募集要項・応募申込書はこちらからダウンロードしてください

◆募集人員  3名以内
◆応募締切  平成27年9月15日(火)
◆審  査  9月下旬に面接予定 (お知らせいたします)
◆賞  金  入選者   10万円(採用時に5万円/任期満了時に5万円)
          同上推薦者  1万円

◆お問合せ  (公社)萩市観光協会 
        〒758-0061 山口県萩市椿3537-3
        TEL 0838-25-1750  FAX 0838-25-2073
        メール info@hagishi.com

posted by 管理人 at 18:45| 日記

2015年08月16日

8月20日、大河ドラマ館にライオンの赤ちゃんがやってきます! 


夏休み特別企画として、
秋吉台サファリランドで7月に生まれたメスライオンの赤ちゃんが、
大河ドラマ館に応援にやってきます!

lion baby.jpg

■日時 : 平成27年8月20日(木) 11:00〜12:30
■場所 : 文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館内
■料金 : ドラマ館入館料(大人500円、小中学生200円)が必要です
      ※幼児(小学生未満)は無料
■内容 : 7月に生まれたばかりのメスのライオンの赤ちゃんを
     ドラマ館内で見ることができます。時間によっては、
     スタッフが赤ちゃんを抱き、背中を撫でていただけます。

かわいいライオンの赤ちゃんをぜひご覧ください!
当日は、文にゃんも登場し、赤ちゃんをお出迎えします!

かわいいかわいいかわいい

9月30日まで「花燃ゆ大河ドラマ館」と「秋吉台サファリランド」
両方へ行かれる方には、お得になる特別割引が実施されています!

○花燃ゆ大河ドラマ館
 サファリランドのレシートまたは入園券提示で
  高校生以上 500円→400円 小・中学生 200円→160円 に割引
○秋吉台サファリランド
 大河ドラマ館の半券提示で
  中学生以上 2,400円→2,200円 4歳以上小学生以下 1,400円→1,300円に割引
※他の割引制度との併用はできません ※セット券は対象外です

>>文と萩物語 花燃ゆ大河ドラマ館
>>秋吉台自然動物公園サファリランド
posted by 管理人 at 18:20| 日記

2015年08月15日

万灯会 迎え火・送り火


こんにちは!

去る13日、お盆の最初に行われた迎え日

大照院にて行われました。
心配されたお天気もあがり、過ごしやすい気温でした!

DSC_1554.JPG




DSC_1565.JPG



直前の告知どおり、萩にゃん。も登場!

DSC_1512.JPG


萩の夏の風物詩!

本日は東光寺にて送り火が行われます。
お天気も良いですし、ぜひお越し下さい(^^)

DSC_1575.JPG


http://www.hagishi.com/event/mantoue/
posted by 管理人 at 10:26| 日記

2015年08月10日

夏の風物詩 萩・万灯会


今年も、8月13日・15日に萩・万灯会が行われます。

萩・万灯会2014(大照院).jpg

万灯会の舞台となるのは、毛利家の菩提寺である大照院東光寺
大照院には、初代・毛利秀就と2代〜12代の偶数代藩主夫妻が、
東光寺には、3〜11代の奇数代藩主夫妻が祀られています。

毎年、大照院にて13日に迎え火、東光寺にて15日に送り火が行われ、
毛利氏の菩提を弔うため、墓所にある石燈籠や参道にろうそくの火が灯されます。

万灯会の日には、19時すぎ位から火が灯ります。(〜22時まで)
ろうそくの灯りを楽しむため、会場は少し暗く足もとが見えづらくなっていますので、懐中電灯のご持参をおすすめします。

DSC_0951.JPG

DSC_0935.JPG

萩・万灯会(迎え火)
■日 時  平成27年8月13日(木) 19:30〜22:00
■場 所  大照院(萩市椿)
■駐車場 周辺に臨時駐車場有(萩市民病院、萩市民体育館)
■問合せ  萩市観光協会 0838-25-1750

迎え火では、20時から墓前供養が行われます。
ろうそくを1個100円で販売しますので、ご自分で万灯会に参加してろうそくに火を灯すことができます。
また、書院では呈茶席が設けられます(一服500円/19:30〜21:30)。

DSC_0825 - コピー.JPG

萩・万灯会(送り火)
■日 時  平成27年8月15日(土) 19:30〜22:00 
■場 所  東光寺(萩市椿東)
■駐車場 若干あり(無料)
■問合せ  東光寺 0838-26-1052

8月13日・15日は、幽玄の世界をお楽しみください。

萩・万灯会についてはこちら 
図2.jpg


また8月13日には、金谷天満宮にて「幽玄の世界」が開催されます。
(19:00〜21:30)
燈籠のおぼろげな灯火に照らされた参道を、手提げ提灯をさげて歩きませんか。

scan-1371.jpg


posted by 管理人 at 18:34| 日記

2015年08月07日

萩城下町マラソン 参加者を募集しています!


萩のまちを駆け抜ける萩城下町マラソンが12月6日(日)に開催されます。
現在参加者を募集しています!

大会コースはほとんどが平坦で、距離は2km、5km、10km、ハーフマラソン、ファミリー(2km)の5種目がありますので、日ごろの練習成果に合わせてコースが選べます。
ハーフマラソンでは、7月に世界遺産登録された”萩城下町”を走るコースとなっています。

大河ドラマ「花燃ゆ」ロケ地、そして世界遺産登録の“萩城下町”を走りませんか?多くの方々のご参加をお待ちしております!

今年はゲストランナーに早田俊幸さん(1997年 福岡国際マラソン2位)をお迎えします。大会前日には早田選手によるジョギング教室が行われます。

■日  時  平成27年12月6日(日) 
       開始式 9:00〜 / スタート 10:00(ハーフマラソン他)
■会  場  萩ウエルネスパーク(スタート・ゴール)(萩市大字椿73-7)
■参加料  一般 3,500円、高校生 2,000円、中学生 1,500円、
        小学生 800円、ファミリー(1組)3,500円

■競技種目  ハーフマラソン・10km/高校生以上
          5km         /中学生以上
          2km         /中学生女子、小学生(3年〜6年生)
          ファミリー(2km)  /親と子(小学生)ペア
■定  員  約4,000人

■お申込方法
  (1)大会ホームページ(インターネット・携帯サイト)
   パソコンまたは携帯から公式サイトにアクセスし、申込み
    【 申込締切日 平成27年9月30日(水) 】

 (2)専用振替用紙
    大会パンフレットに備え付けの振替用紙に必要事項を記入の上、参加料を添えて、ゆうちょ銀行または郵便局窓口で申込
    【 申込締切日 平成27年9月30日(水) 消印有効 】

■お問合せ  萩城下町マラソン大会実行委員会 電話0838-25-7311


萩城下町マラソン 公式サイトはこちら
図1.jpg


posted by 管理人 at 10:16| 日記

2015年08月04日

松陰先生御生誕祭と奉納砲術演武


こんにちは。

無事萩夏まつりが終了しました。
今年は天候と曜日に恵まれ、更に
花燃ゆ・世界遺産・世界スカウトジャンボリーも影響で
例年より多くのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました。


さて、話は変わりまして本日は、何の日でしょう?


はい、松陰先生のお誕生日です。

今日、仮に生きていらっしゃると仮定すると185歳のお誕生日です。

おめでとうございます。


それに併せて、本日は松陰先生御生誕祭と奉納砲術演武が行われました。


多くのお客様がいらっしゃっています。

DSC_1460.JPG


DSC_1458.JPG



奉納砲術演武は、長府藩櫟木(いちき)流砲術演武です。

空砲ですが、辺りには轟音が響き渡ります!
すごい迫力です!!

DSC_0009.JPG


DSC_0010.JPG


DSC_0011.JPG


DSC_0012.JPG




そして紙芝居も行われました。


DSC_0021.JPG


DSC_0029.JPG


こちらにも多くのお客様がお越しでした。


夏休み、まだまだ続きます。

大河ドラマ花燃ゆの舞台・世界遺産登録になった松陰神社!
ぜひお越し下さい(^^)

posted by 管理人 at 17:43| 日記

2015年08月03日

住吉神社 お船謡


こんにちは。

皆様暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

そんな暑い日を吹き飛ばす萩夏まつり!

いよいよ残すところ最終日のみとなりました!
そんな3日目の見所はやはり3つの伝統行事!!

@ 踊り車
A お船謡
B 住吉みこし

そうですね、ひとつひとつ取り上げていきたいですが
今回は、A お船謡について
書きたいと思います!
長さ8メートル、巾2メートル!なかなかの大きさです。


IMG_20150803_093524.jpg


まずは、こちら読み方は お船謡【おふなうた】
県指定無形民俗文化財であります!


毛利氏の御座船唄として、藩主が乗船するときや新しい船の進水の際に演唱されました。

1659年に住吉神社が勧請されてからは、その神幸祭に山車「お船」の上で謡われるようになりましたが、藩政時代には一般人の「お船謡」の演唱は禁じられていました。
演唱者も世襲的な藩の階級である「浜崎歌かこ」の家柄の者14人に限られていました。
しかし、明治以後は浜崎町内の一般男子からも選ばれるようになりました。

今年は22名乗船です!今年からは、浜崎以外からも初の乗船です。

IMG_20150803_103146.jpg


お船を引っ張るのは、地元萩高校の野球部の生徒です。

暑いですが、3日目燃え尽きるまで頑張ります!

posted by 管理人 at 09:12| 日記