2017年04月14日

あれから150年・・・


さて、誰の、何が、一体150年なんでしょう?

実は今日、幕末ファンの皆さんなら誰もがご存知の、あの高杉晋作さんのご命日なのです。

高杉晋作は、14歳で藩校明倫館に学び、19歳のときに松下村塾で、久坂玄瑞とともに双璧として他の若者達をぐいぐい引っ張るリーダー的存在となりました。

その後、奇兵隊の総監として活躍、幕末の風雲児として名を残しました。
しかし最期は、不治の病には勝てず、27歳8ヶ月の短い生涯を下関で閉じられました。

その晋作さんのご命日が、本日4月14日です。
あれから150年・・・

DSC_0097.JPG

DSC_0099.JPG

DSC_0100.JPG

菊屋横町にある「高杉晋作誕生地」では、お抹茶と果物、お菓子などが供えられ、

DSC_0103.JPG

一方、吉田松陰墓所の一角にある高杉晋作の墓前には、大好きなものがあがっていました。

DSC_0121.JPG

DSC_0124.JPG

これぞ、晋作さんらしい!

また本日より、萩博物館にて特別展「高杉晋作の決意」が始まりました!

29hagihaku-tokubetsuten.jpg

昨年は、薩長同盟150年。
今年は、高杉晋作没後150年。
そして来年は、いよいよ明治維新150年という節目の年を迎えます。

幕末ファンにとってはたまらない町 萩へ、ぜひおいでませ!!


posted by 管理人 at 13:27| 日記