2020年01月18日

萩商工高等学校JRC部

2020年2月3日(月)〜4月3日(金)まで開催されます、萩城下の古き雛たちの準備が、各施設で着々と進んでいますぴかぴか(新しい)
今日は萩商工JRCのメンバー3人が、午前中、浜崎エリアにある旧山村家住宅の南土蔵にて、ボランティアスタッフとしてお手伝いしてくださいました手(グー)
※JRCとは、もともと日本赤十字の団体で、献血イベントをはじめ、校内清掃・花壇整備・災害ボランティア・募金活動など、幅広く様々な活動をされています。

まずは土台の骨組みを組み、雛壇を作ります。

DSC_1884.JPG

メインの男雛と女雛をはじめ、どんどん賑やかさを増してきます。

DSC_1895.JPG

JRCクラブの担当の先生も、生徒さん達の活躍ぶりをカメラにおさめていらしゃいましたカメラ

DSC_1906.JPG

土蔵の両脇にも所狭しと飾ってゆきます。

DSC_1913.JPG

地元、浜崎しっちょる会の方のご指導により、あっという間に土蔵の中のお雛様が展示されました。

DSC_1915.JPG

旧山村家住宅南土蔵入り口からの雰囲気

DSC_1953.JPG

正面からの様子

DSC_1950.JPG

向かって左側の様子

DSC_1949.JPG

向かって右側の様子

DSC_1952.JPG

所変わって、ガラス張りの部屋で何やら真剣に作業する萩商工生達の後ろ姿が・・・。

DSC_1936.JPG

道路からもガラス越しにお楽しみ頂けるようにと、木目込み雛人形を並べていたのです。
※木目込みとは、桐粉(桐の粉と糊を混ぜたもの)を固めたボディーに溝を掘り、そこに金襴や友禅などの布地をへれ込んで(木目込む)着せ付けておく木製人形のこと。

DSC_1932.JPG

尚、この日の午後は、萩光塩学院高等学校メルセダリアンインターアクトクラブの8名の皆さんも、ボランティアでお手伝いをしてくださいました。

ここ浜崎エリアも含み、萩市内では大切に受け継がれたお雛さまの展示が始まります。
萩城下の古き雛たちに、ぜひお越しくださいるんるん
posted by 管理人 at 14:47| 日記