2011年07月14日

帝塚山学院小学校 臨海学舎

7月11日(月)より大阪の帝塚山学院小学校の生徒、先生、同窓会(卒業生)、ライフセーバーの方々、約420名が臨海学舎で萩市に来られていますバス
この臨海学舎は大正6年より続いており、今年が97回目になる伝統ある行事だそうですぴかぴか(新しい)

突然本日取材のお申込みをさせていただいたにも関わらず、文田校長先生と有村教頭先生には快く承諾していただきまして、ありがとうございました。

先生方のおそろいのポロシャツがかっこよかったので、教頭先生の背中を写させていただきましたカメラ
P1060124.JPG

本日臨海学舎4日目かわいい
午後より見学をさせていただきました。
昼始まりは隊列をつくり、1qを45分から50分かけて泳ぐという遠泳。
まずは準備運動をるんるん
P1060083.JPG
菊ヶ浜の一文字の堤防(商港側)より沖に向かい、堤防の先より横に折れ海岸に平行に。
千春楽付近に設置してある監視塔付近にきたら海岸に向かって泳ぎゴールするコース。
生徒の隊列の中に先生達が入り、しんどくなった生徒を励ましたり、曲がった列をまっすぐになるように誘導したりされていました。
P1060085.JPG P1060104.JPG P1060107.JPG
途中、波に流されて列が砂浜に近づくという光景も見られましたが、生徒のみんなは波にも負けず隊列を修正。
P1060100.JPG
最後の海岸に向かう直線では、ボートに乗っている先生方が太鼓をたたいて拍子をとり、校長先生の「えーんやこーら」の掛け声に、一緒に泳いでいる先生方が「よーいしょこーら」と答える応援付き。
P1060113.JPG
生徒の皆さんは、力強く最後まで泳ぎ切りました。
岸に泳ぎ着いた子をほかの子が拍手で迎えるという、学校全体のチームワークの良さにも感激しましたぴかぴか(新しい)
P1060115.JPG

続いて、あまり長い距離を泳げない生徒さん達が、25mを頑張って泳ぎます。
25mの両側に先生達が立ち、泳ぐ子を励まします。
また岸では、太鼓と手をたたいて、生徒と先生が一生懸命応援します。
P1060133.JPG P1060128.JPG
泳ぎ切った子たちは手を挙げて喜んだり、嬉しくて泣いてしまったり。
この光景を見ていて感動。
頑張る姿って輝いてるなぁ
私も負けないように頑張らなくては!

明日、4泊5日の臨海学舎を終え大阪に帰られます。
どうか皆さん、萩市の菊ヶ浜で仲間と一生懸命頑張ったことを忘れないでください。
そして、また萩市に来てください。
最後に、帝塚山学院小学校の皆さん、本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
posted by 管理人 at 17:28| 体感旅行