2012年09月14日

山口県立萩美術館・浦上記念館で「清親と安治」−光線画の時代

山口県立萩美術館・浦上記念館で「清親と安治」−光線画の時代が開催されています。

resized20E38381E383A9E382B7E8A1A80801.jpg

明治期に西洋絵画の技法を取り入れた風景版画で一世を風靡した浮世絵師・小林清親(1847-1915)と、その弟子の井上安治(1864-1889)による「光線画」をご紹介しています。そのほか清親の風景画として、油彩画、銅版画、石版画、初公開となる晩年の水彩画、日本画などをあわせて展示。清親と安治が追い求めた光の表現をご堪能ください。

毎週日曜日11:00〜12:00
担当学芸員さんによる作品解説が行われます。

萩市観光協会では、前売り券を販売しております。

週末、美術館でぜひお楽しみください。

絵1.jpg

小林清親
『東京銀座街日報社』
明治9年(1876)
千葉市美術館蔵


絵2.jpg

井上安治
『銀座商店夜景』
明治15年(1882)
千葉市美術館蔵

■会  期 : 2012年9月8日(土)〜10月8日(月・祝)
 ※会期中、展示替えを行います。
 [前期]9月8日(土)〜9月23日(日)
 [後期]9月25日(火)〜10月8日(月・祝)

■場  所 : 山口県立萩美術館・浦上記念館
■開館時間 : 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
■観 覧 料 : 一般1,000(800)円、70歳以上・学生800(600)円
        ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
■休 館 日 : 月曜日(但し、9月17日と10月8日は開館)
■お問合せ : 山口県立萩美術館・浦上記念館 
       電話 0838-24-2400

詳しくはこちら(山口県立萩美術館・浦上記念館公式ホームページ)

http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
posted by 管理人 at 15:49| 日記