2012年09月17日

萩博物館特別展『楫取素彦と幕末・明治の群像』


今週末、22日(土)より、萩博物館にて特別展
楫取素彦と幕末・明治の群像 が始まります。

scan-466.jpg

本年は、藩校明倫館の儒者であった楫取素彦が逝去して100年目に
あたります。楫取素彦は、吉田松陰の義弟で、松陰没後は後継者として
松下村塾の指導にあたりました。

幕末の動乱期には、十三代萩藩主毛利敬親の側近に登用され、
木戸孝允や坂本龍馬・西郷隆盛らと協力し、倒幕に活躍。
明治維新後は、群馬県の初代県令として産業や教育の振興に
顕著な功績を残しました。

この特別展では、楫取素彦をとりまくさまざまな人物たちとの
交流関係を踏まえながら、幕末・明治という激動の時代に彼が果たした
役割を検証します。

 ■会  期 : 9月22日(土)〜10月21日(日)
 ■場  所 : 萩博物館
 ■開館時間 : 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ■観 覧 料 : 大人500円、高大生300円、小中生100円
          20名以上は団体割引20%、障がい者割引20%
 ■休 館 日 : なし
 ■お問合せ : 萩博物館 電話0838-25-6447


関連イベントとして、
萩博物館学芸員によるギャラリートークが開催されます!

@ 9月22日(土)14:00〜15:00  
A10月 6日(土)14:00〜15:00  
B10月20日(土)14:00〜15:00  

参加費は無料です。(観覧料が必要です)
開始時間の5分前に企画展示室入口にお集まりください。

萩博物館企画展HP 次項有 http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/
posted by 管理人 at 18:32| 日記