2017年08月23日

萩にて“ヒストリー&ミステリー”

S太郎のインターンシップ第3日目晴れ
今日は朝から現地研修(市内巡り)と撮影です!

IMG_7983.JPG

まずは中央公園にある“山縣有朋の銅像”です右斜め上

戦後、GHQの占領政策によってこの銅像も撤去対象に含まれましたが、美術的価値があるということで現在まで残っています。

IMG_7987.JPG

そして、萩の歴史を知るために欠かせない施設“萩博物館”へるんるん

現在、萩博物館では“驚異の遭遇!未確認生物”という特別展を開催しています(9月3日まで)ぴかぴか(新しい)
ヒバゴンや河童、ツチノコ等が展示されています。イベント
なんとexclamation×2この萩にも未確認生物が現れたことがあるようですあせあせ(飛び散る汗)

IMG_7991.JPG

IMG_7998.JPG

IMG_7997.JPG

更に、なんとカッパのミイラも展示されています
これは普段なかなか見ることができないので、この機会を見逃すともったいないですよぉ〜exclamation×2

是非、萩博物館に来て真偽を確かめてみて下さいるんるん

続いて、幕末に最新の武器として各所の戦いに用いられた銃の展示(常設)ですグッド(上向き矢印)

IMG_8013.JPG

IMG_8012.JPG

僕個人としてはとても興味深かったです(笑)
これらの武器があったからこそ、時代を動かして現在があるのだなと感じました。

そしてその後は城下町を散策です足

IMG_8030.JPG

これは日本の道百選にも選ばれている“菊屋横町”です。当時とあまり変わらない道並みで、「幕末の志士達もこの道を通ったのかな?」なんて考えるとワクワクしますグッド(上向き矢印)

菊屋さんのお宅の前には“旧久保田家住宅”があり、家の中を見学できます。
家の造りがとても立派で、天井には大きな木で組まれていてとても壮麗ですぴかぴか(新しい)

IMG_8038.JPG

また、外から中を覗かれないようにする工夫が施されており、昔の人の知恵というのは素晴らしいなと思いましたひらめき

IMG_8039.JPG

また、城下町には鍵曲(かいまがり)という防衛機能が存在します。左右を高い土塀で囲み、道を鍵の手(直角)に曲げた、見通しのきかない独特な道筋です。

IMG_8058.JPG

撮影が近すぎたのと、当時は存在しなかった溝があるので「これが...?」と感じるかもしれませんが、実際に遠くから見ると“行き止まり”のように見えます目

IMG_8054.JPG

今日もまたとても充実した時間を過ごせましたぴかぴか(新しい)
また明日も楽しみでするんるん
posted by 管理人 at 16:48| 日記