2018年06月20日

ブラタモリ気分で、萩を巡ってみませんか?

2018NPOmachihaku_tour.jpg

萩といえば、明治維新の志士たちを輩出した毛利37万石の城下町。
江戸時代の美しい町並みや城跡は、平成27年に「世界文化遺産」の資産のひとつにも認められました。でも萩は、400年ちょっと前までは、アシや竹木が生い茂る沼地でした。
水浸しの三角州に一からつくられた城下町が、どうして世界遺産になれたのか?そこには地形や地質が大きく関わっていました。
5月26日に放送されたNHK「ブラタモリ#106萩」において、タモリさんを実際に案内した専門家の方々と、放送内容を再現して巡り、萩の魅力の再発見を共有します。
[ガイド]
 萩博物館 館長 清水満幸氏、同館主任学芸員 道迫真吾氏、ジオパーク専門員 白井孝明氏

■日 時/平成30年7月7日(土) 午前10時〜午後3時(小雨決行)
■コース/
  萩中央公園出発→(徒歩)→御成道→(徒歩)→菊屋横町→(徒歩)
→旧萩藩校明倫館→(バス)→笠山石切場跡→(バス)→笠山山頂
→(バス)→昼食(萩の海産物メニュー)→(バス)→萩反射炉
→(バス)→堀内伝建地区
■集合時間・場所/午前9時50分までに、萩市中央公園駐車場集合
  ※駐車は萩市中央公園駐車場をご利用ください(萩市民は無料、通常310円)。
■申込み/7月2日(月)〜4日(水)に電話/FAX/Eメールで申込み(電話受付9:00〜17:00)
■料 金/お一人様3,000円(昼食代、資料代、保険代等を含む)※当日徴収
■定 員/20名(申込み多数の場合は抽選)
■お申込み・問合せ/実行委員会事務局(NPO萩まちじゅう博物館)
          TEL 0838-25-3177 FAX 0838-24-0505
Eメール info@npomachihaku.com


posted by 管理人 at 17:31| 日記