2018年08月07日

職場体験にて

私は萩市立越ヶ浜中学校に通っています。
昨日・今日と、萩市観光協会に職場体験に来ています。
この2日間で私が感じた萩市観光協会のことや、萩市内の魅力について伝えたいと思います。

イベント内容で「しろ魚まつり…3月上旬」と聞いて私は何のお祭りかわかりませんでした。
道の駅萩しーまーと隣の漁協でおこなっていると聞いて、「普段自分が住んでいるこんな身近にあるんだ。」とびっくりしました。
他にも沢山のイベントがあります!
萩観光シーズン開き、萩万灯会(まんとうえ)、着物ウィーク in 萩などがあります。
特に人気な着物ウィーク in 萩は、幅広い人達が来られ盛り上がっています♡

何でも聞けて安心!

DSCF0438.JPG

最初に、もし他の県から友達が来たときに私が紹介したい松陰神社などにつれて行ってもらいました。
途中の萩橋を渡るとき、萩市の花に指定されている鮮やかな椿が魅力的に描かれているのを見ました。
萩の特産物である夏みかんをイメージにした街灯もありました。
いよいよ松陰神社です。

DSCF0450.JPG

初めに松陰先生のお話を聞きました。
鳥居のくぐり方や、松陰先生が書いた文字を組み合わせたという「松陰神社」の石碑の文字がとても綺麗でした。
中に入っていき明治維新胎動之地と刻まれた大きな石碑の文字では、安倍総理大臣の大叔父さまである佐藤栄作さんが書かれたと聞きびっくりしました。
その隣におおきな絵馬がありました。
毎年絵が変わっていて、今年は山県有朋さんでした。
山県さんは戌年でいぬのイラストが描かれていました。
来年は誰の絵が描かれているか楽しみですね!
さらに行くと吉田家の家紋のついた石碑に、松陰先生が両親に書いた詩が刻まれていました。
松陰先生の思いがたくさん詰まっているでしょうね。

DSCF0454.JPG

他にも孝行竹や、吉田松陰幽囚ノ旧宅も見ました。
それを見ると何だか松陰先生の日常の風景が浮かび上がります。
最後に松陰神社御本殿につきました。

DSCF0473.JPG

毎年春祭りは江戸送りとなった安政6年5月25日にちなみ、また、秋は江戸で処刑された安政6年10月27日を例祭日としておこなわれます。



観光協会の皆さんはお客様に期待以上に接客されておりとってもあんしんです!
そしてわかりやすいガイドです!みなさんも松下村塾に行ってみて下さい!
posted by 管理人 at 17:32| 日記