2018年08月21日

学びたくさん!インターンシップ2日目

私は山口県立大学に通っており、5日間萩市観光協会へのインターンシップに参加させていただいています。
インターンシップ2日目の今日は職員の方に萩市を案内していただきました!
まず最初に、萩城下町周辺を案内していただきました。
萩市中央公園の傍の駐車場を出発すると、久坂玄瑞進撃像がありました。

久坂玄瑞進撃像 全体1.JPG


久坂玄端はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』でお馴染み・吉田松陰の妹 文さんの夫であり、久坂玄瑞の実際の身長の180センチの大きさで像が建てられているそうです。

次に江戸屋横町を通り、金毘羅社円政寺に行きました。

IMG_1849.JPG

「お寺なのに鳥居がある!」と驚きましたが、ここは神仏混交で神様と仏様が一緒に祀られているそうです。
またこのお寺の特徴は天狗のお面が飾られていることで、幼い時に病弱で気弱だった高杉晋作が母親におぶわれ、この天狗を見に来ては勇気付けられていたそうです。
高杉晋作も見て勇気付けられたという天狗、皆さんも是非見に来てください!

その後、木戸孝允旧宅を案内していただきました。

IMG_1854.JPG


木戸孝允は桂小五郎の名でも知られていますよね!
門をくぐると玄関が2つあり、一つは家族が使用するための玄関、もう一つは身分の高い人をお迎えするための玄関として使われていたそうです。

IMG_1858.JPG


木戸孝允旧宅は玄関のほうから見ると一階建てに見えますが、裏に回ると二階建てだと分かる構造になっていて驚きました!

IMG_1861.JPG


これは二階の窓を開けた際に江戸屋横町を往来中の身分の高い人を見下すようになってしまうため、表から見て二階建てだと分からないようになっているそうです!昔の人の知恵を感じることができました。
そして木戸孝允旧宅で私が一番面白いなと思ったのがトイレです!

IMG_1864.JPG


このトイレ、なんと有田焼で作られているそうです!そしてとてもカラフルで可愛いですよね!皆さんにも是非生で見ていただきたいです!

次に参勤交代の際に使われていたメインストリートである御成道を歩き、重要文化財である菊屋家住宅を案内していただきました。

IMG_1876.JPG


ここは、江戸時代に藩の総合商社としての役割も果たされており、また徳川幕府から巡見使の方がおいでになると、身の回りのお世話をし、毛利のお殿様の評判を下げないようにと最高のおもてなしを提供していたそうです。
菊屋家住宅の周りを散策していると、幸運なことに菊屋家住宅の方が萩市の古地図について説明してくださいました!地図に書かれたひとつひとつの家には各住人の名前が書かれており、とても繊細に書かれた地図だなと実感しました。そして古地図はとてもカラフルで、白色は武士の家、赤色はお寺という風に色で塗られているそうで見ていてわくわくしました!残念ながら撮影禁止で写真を撮ることができなかったので、是非皆さん自身の目で古地図を楽しんでいただけたらなと思います。

萩城下町を案内していただいている際に何度も夏みかんの木を見かけました。

IMG_1867.JPG


夏みかん栽培は、明治維新によって生活に困った武士を救済するためにスタートしたそうです。手探り状態で始めた夏みかん栽培でしたが、空き家になった武家屋敷の塀が風除けとしての役割を果たし明治三十年には予算の8倍を上回り、収益をあげたそうです。この時代には、大きめな夏みかんの木が庭に三本あれば子供を上級学校に通わせることができると言われていたようです。他にも夏みかんに関する面白いエピソードがたくさんありそうですね…!
萩城下町は江戸時代の町並みがそのまま残されているため、江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができました!10/1(月)〜10/21(日)まで「着物ウィークin萩」というイベントが開催されますので着物を着て萩城下町を歩けばよりいっそうタイムスリップした気分が味わえるのではないかと思います。

>着物ウィークin萩プレミアムについてはこちら
posted by 管理人 at 13:49| 日記

2018年08月17日

明日8/18(土)は萩博物館の「深海魚大行進」ナイトミュージアム最終回!


明日8/18(土)は
萩博物館の「深海魚大行進」ナイトミュージアム最終回!

8/12から西日本初公開されていた世界最深の「超深海魚」
マリアナスネイルフィッシュも、明日8/18(土)の日中を経て
この夜で展示終了です。
ナイト未体験の方、世界最深魚と遭遇していない方、お見逃しなく!

ナイトミュージアムバナー2.jpg

さらに、ナイトミュージアム最終回を記念し、
「夜」にちなんだ「竜宮城からの贈り物」をプレゼント。

「終夜宝」と書いて「ヨモスガラダカラ」と読む、ちょっと入手しがたい
遠い海のタカラガイ(ホンモノ)です。

ヨモスガラダカラバナー.jpg

8/18(日中+夜)〜8/19(日中)の限定で、会場出口のアンケートつき
クイズ正解者から抽選で5名様にお送りします!
ぜひチャレンジしてみてください♪

萩博物館「深海魚大行進」
https://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1806sinkaigyo/index.htm


posted by 管理人 at 18:44| 日記

2018年08月16日

10月のイベントポスターができました!


10月1日から始まる 着物ウィークin萩プレミアム
今年も期間を延長して、10月1日(月)〜21日(日)まで、21日間開催します!

また、同時期開催の 萩・竹灯路物語 や、萩・田町萩焼まつり
第2回ふるさと紙芝居全国大会in萩 など、10月の萩はイベント盛りだくさんです!

2018着物・竹灯・萩焼まつりポスター.jpg

ぜひ、世界遺産・萩のまちをめぐってお楽しみください!
posted by 管理人 at 16:59| 日記

2018年08月15日

インターンシップ体験まとめ

 山口大学からインターンシップに来ているものです。今回もインターンシップで体験したことについて書いていきたいと思います。
 まずは、萩城城下町周辺を職員の方に案内してもらったことについてです。コースは、菊屋家住宅の横の道、菊屋横町からスタートして、ぐるっと回って菊屋家住宅に戻ってくるというものでした。
 まずは菊屋横町から。菊屋横町は、「日本の道百選」に選定されている道で、白壁と幾何学模様のような「なまこ壁」が楽しめます。
(萩城下町)菊屋横町2.JPG
10月1日(月)〜21日(日)は、「着物ウィークin萩」というイベントもありますので、この風情ある町並みを着物で歩いてみてはいかがでしょうか。ボランティアカメラマンの方がスタンバイしておりますので、思い出に写真も残すことができますよexclamation
 菊屋横町の道をまっすぐ行くと、田中義一誕生地の石碑や高杉晋作の誕生地を見ることができます。菊屋横町から晋作広場という少し開けた場所に入ると、高杉晋作立志像が建っています。この像は、20歳の頃の若々しい高杉晋作をイメージして造られており、ちょんまげを結っているレアな姿を見ることができます。ぜひ、若き日の高杉晋作の像とともに記念写真をとってみてはいかがでしょうか。
高杉晋作立志像2.JPG
 そして、江戸屋横町の方へ行くと、金毘羅社円政寺というお寺があります。このお寺は、お寺でありながら鳥居があり、神仏混淆が表れているのが特徴です。また、天狗のお面も飾られており、珍しくて面白いですよね。
【差替】円政寺.jpg
高杉晋作は、子供の頃とても病弱だったので、晋作の母は、何度もこのお寺に参ったそうです。また、伊藤博文も、このお寺で読書や習字を習っていました。二人の偉人にゆかりのあるお寺、ぜひ訪れてみてくださいexclamation
 江戸屋横町には、木戸孝允旧宅もあります。この旧宅の壁には、「焼杉」が使われています。「焼杉」というのは、杉板の表面を焼いて焦がしたもので、防虫、腐ることを防ぐ効果があるようです。またこの壁には、現在の釘とは違う「和釘」が使ってあります。昔ながらの建築の技法を見ることができるのも、萩城城下町の魅力です。
【世界遺産】萩城下町2.JPG
 最後に菊屋家住宅です。菊屋家は御用商人で、萩藩に幕府からの使者が来たときは、この屋敷で接待もしていました。この屋敷には貴重な美術品なども展示されています。
また、萩駅舎も案内してもらいました。
IMG_1816.JPG
萩駅舎の正面入口から入ったところは、昔は改札口でしたが、今は展示館となっています。展示館の中には、鉄道に関する展示や鉄道の父・井上勝についての展示があります。駅舎の正面入り口から入って、左の部屋に入ると、東京駅にあった井上勝の初代銅像のパネルがあります。この銅像の周りに飾られていた石が展示館に置いてあります。それぞれの石には鉄道に関する道具などがかたどられているので、見ていて面白いですよ。写真は、井上家の家紋とトンカチなどがかたどられているものです。
IMG_1821.JPG
 展示館の中には、新橋駅のプラットホームに使われていた石が展示されていますが、実はこの石、駅舎の前の花壇の石にも使われているそうです。驚きですねexclamation×2
IMG_1819.JPG
 今回のインターンシップでは、さまざまなところを案内してもらい、普通に町を歩いただけではわからないレアな情報をたくさん知ることができました!萩市観光協会ではガイドのお仕事も承っておりますので、皆様もぜひご利用くださいexclamation
 ここで、話は変わりますが、先日8月13日に行われた大照院の「萩・万灯会」で、お茶席のお手伝いを私もしました。今年のお茶菓子は、「萩椿」さんの柚子まんじゅうと、「光國本店」さんの夏みかん菓子でした。DSC_0078.JPG
来て下さった方、ありがとうございました。まだ来たことがないという方は、ぜひ来年お越しください。
 萩は美しい町並みと皆様に楽しんでいただけるようなイベントも多くあります!一人でも多くの方に訪れていただけると幸いですわーい(嬉しい顔)
posted by 管理人 at 14:26| 日記

2018年08月14日

萩・万灯会 迎え火


8月13日(月)、毛利家の菩提寺である「大照院」にて
萩・万灯会 迎え火が行われました。

DSC_0222.JPG

昨年の万灯会では、大照院では本堂・経蔵の修理工事が行われていましたが、
平成30年(2018)4月7日、本堂・経蔵(きょうぞう)の落慶法要が行われ、
現在は本堂が一般公開されています。

20時より、墓所にて墓前供養が執り行われました。

DSC_0127.JPG

境内に整然と並ぶ600基あまりの石灯籠と参道にろうそくの火が灯され、
幻想的な世界が広がりました。

DSC_0241.JPG

DSC_0246.JPG

また、書院では呈茶席を設け、たくさんのお客様にお越しいただきました。

IMG_1766.JPG

IMG_1768.JPG

会場には、浴衣姿でお越しになるお客様の姿も見られました。
ゆらめくろうそくの灯りに浴衣がとっても似合います!

DSC_0315.JPG

明日15日(水)は、同じく毛利家の菩提寺である「東光寺」にて
送り火が行われます。

萩・万灯会についてはこちら


posted by 管理人 at 17:27| 日記

2018年08月12日

インターンシップ初日!

私は、山口大学に通っており、今日から萩市観光協会のインターンシップに参加しています。

インターンシップ初日の今日、初めに職員の方が越ヶ浜方面にお仕事に行くのに同行しました。
仕事の合間に明神池(みょうじんいけ)にも行きました。
明神池とは、笠山の東麓にあり、その昔笠山と本土との間に砂州ができて陸続きになったとき、埋め残されてできた池のことです。
明神池は池でありながら、海水魚も見ることができるところが特徴です。
私は、明神池でエイを見つけることができました。
職員の方が、「明神池でエイを見つけると幸せになれる」と話していたので、見つけることができてとても嬉しかったですわーい(嬉しい顔)
皆さんも明神池に行く機会がありましたら、ぜひ見つけてみてください。

また、越ヶ浜から職場への帰り道に、世界遺産に登録された萩反射炉や恵美須ヶ鼻(えびすがはな)造船所跡にも行きました。
恵美須ヶ鼻造船所跡とは、萩藩が安政3年(1856)に設けた造船所の遺跡のことです。
ここでは、幕末に「丙辰丸(へいしんまる)」と「庚申丸(こうしんまる)」という2隻の西洋式帆船が造られていました。
ここで大きな船が造られていたのかと思うと歴史ロマンを感じました。

萩反射炉とは、海防強化の一環として西洋式の鉄製大砲鋳造を目指した萩藩が、安政3年に試作的に築いた反射炉の遺跡のことです。当時、反射炉の製造に成功していた佐賀藩に萩藩は技術を教えてくれるように頼みましたが、断られてしまい、試行錯誤しながら造ったそうです。
萩反射炉は、「横から見ると少し前に傾いていて、手探りで一生懸命つくられたんだということが伝わってくる」と職員さんが言っていました。
そう思うととても可愛く思えてくるから不思議です。

職場に帰ると、萩〜下関間を結ぶ観光列車「〇〇のはなし」の歓迎・送迎をしました。
「○○のはなし」は、本州最西端の響灘や日本海の絶景を眺めながら、予約をすればおいしいお弁当やスイーツを楽しむことができます。
列車の乗客の方々に向かって、旗を降ったり、横断幕を掲げて見せるのはとても楽しかったです。

また、今日は、松陰神社周辺のガイドのお仕事にも同行しました。
職員さんのガイドは、簡潔で分かりやすく、トレンドも取り入れたような内容になっていて、私も観光客の方も聞き入っていました。
今日、一番印象に残ったのが、松下村塾の中に入って、宮司さんの講話を聞いたことです。松下村塾の中には普段は入ることができないので、とても貴重な体験をしました!
当時の松下村塾の門下生たちもこんな風に松陰先生の講義を受けていたのかと思うと、とても感慨深い気持ちになりました。

IMG_1702.JPG

明日は大照院で万灯会というイベントがあります。
600基を超える石灯籠に蝋燭の火が灯る景色は幻想的ですよ。
皆さん、是非いらしてくださいexclamation×2
posted by 管理人 at 14:32| 日記

2018年08月11日

地元・萩が生んだ俳優 松本実さん 来協!


萩市出身の俳優 松本 実さんが、
萩市観光協会にご挨拶に来られました。

松本さんは、これまでに、大河ドラマ「花燃ゆ」「天地人」、
映画「あずみ」に出演され、テレビドラマ等でも活躍されています。

そして現在、映画『OVER DRIVE』にご出演されています。
映画『OVER DRIVE』は、東出昌大さん、新田真剣佑さんも出演され、
自動車競技ラリーを題材にした、熱い人間ドラマ・カーアクション
満載の作品です。
松本さんは、スピカレーシング・メカニック 坂崎 豊役で出演されています!

映画『OVER DRIVE』公式サイト
http://overdrive-movie.jp/

全国公開は終了しましたが、萩では延長上映となり、
萩ツインシネマにて8月17日(金)までご覧いただけます。
上映時間は、16:10〜となっています。

松本実さんご本人よりメッセージをいただきました。
https://www.instagram.com/p/BmK2kUqjLT4/

上映期間は残りわずかですが、ぜひ萩ツインシネマにご来館ください!
萩市観光協会職員一同、応援しています!

IMG_6966.JPG



posted by 管理人 at 16:31| 日記

2018年08月10日

8月13日・15日は「萩・万灯会」


萩の夏の風物詩である「萩・万灯会」は、
萩藩主毛利家の菩提寺である大照院と東光寺がその舞台となります。

毛利氏の菩提を弔うため、毎年8月13日に【迎え火】として大照院で、
8月15日に【送り火】として東光寺で、墓所にある500基あまりの石灯籠や
参道にろうそくの灯りをともします。

萩・万灯会2.jpg

萩・万灯会1.JPG

当日は、19:00頃から22:00までの間、どなたでも自由にご参拝いただけます。
ぜひ幽玄の世界へお越しください!

>萩・万灯会についてはこちら


scan-2372.jpg
posted by 管理人 at 15:30| 日記

2018年08月07日

職場体験にて

私は萩市立越ヶ浜中学校に通っています。
昨日・今日と、萩市観光協会に職場体験に来ています。
この2日間で私が感じた萩市観光協会のことや、萩市内の魅力について伝えたいと思います。

イベント内容で「しろ魚まつり…3月上旬」と聞いて私は何のお祭りかわかりませんでした。
道の駅萩しーまーと隣の漁協でおこなっていると聞いて、「普段自分が住んでいるこんな身近にあるんだ。」とびっくりしました。
他にも沢山のイベントがあります!
萩観光シーズン開き、萩万灯会(まんとうえ)、着物ウィーク in 萩などがあります。
特に人気な着物ウィーク in 萩は、幅広い人達が来られ盛り上がっています♡

何でも聞けて安心!

DSCF0438.JPG

最初に、もし他の県から友達が来たときに私が紹介したい松陰神社などにつれて行ってもらいました。
途中の萩橋を渡るとき、萩市の花に指定されている鮮やかな椿が魅力的に描かれているのを見ました。
萩の特産物である夏みかんをイメージにした街灯もありました。
いよいよ松陰神社です。

DSCF0450.JPG

初めに松陰先生のお話を聞きました。
鳥居のくぐり方や、松陰先生が書いた文字を組み合わせたという「松陰神社」の石碑の文字がとても綺麗でした。
中に入っていき明治維新胎動之地と刻まれた大きな石碑の文字では、安倍総理大臣の大叔父さまである佐藤栄作さんが書かれたと聞きびっくりしました。
その隣におおきな絵馬がありました。
毎年絵が変わっていて、今年は山県有朋さんでした。
山県さんは戌年でいぬのイラストが描かれていました。
来年は誰の絵が描かれているか楽しみですね!
さらに行くと吉田家の家紋のついた石碑に、松陰先生が両親に書いた詩が刻まれていました。
松陰先生の思いがたくさん詰まっているでしょうね。

DSCF0454.JPG

他にも孝行竹や、吉田松陰幽囚ノ旧宅も見ました。
それを見ると何だか松陰先生の日常の風景が浮かび上がります。
最後に松陰神社御本殿につきました。

DSCF0473.JPG

毎年春祭りは江戸送りとなった安政6年5月25日にちなみ、また、秋は江戸で処刑された安政6年10月27日を例祭日としておこなわれます。



観光協会の皆さんはお客様に期待以上に接客されておりとってもあんしんです!
そしてわかりやすいガイドです!みなさんも松下村塾に行ってみて下さい!
posted by 管理人 at 17:32| 日記

2018年08月03日

明日8/4(土)は、萩博物館で「チリメンモンスター」をさがせ!


皆様の食卓に登場する「チリメン」(イワシのなかまの稚魚)は、
水揚げさた時はイカ・タコの子どもやエビ・カニの子ども、さらには
いろんな魚の子どもがたくさん混ざっています。

それらを拡大して見ると・・・
それはそれは私達の想像を超えた驚愕の姿をしていて、
まさに「モンスター」!
そんなことから、それらは「チリメンモンスター」(略して「チリモン」)と
呼ばれています。

そのチリモンをご自分の目と手で探したり、透明素材に封入して
オリジナルのペンダントを作ったりすることのできる、
夏休みの工作や自由研究にぴったりのイベントが 8/4(土)
「深海魚大行進」でにぎわう萩博物館で並行して開催されます。

トトタベローネ萩 〜 チリメンモンスターをさがせ!
◆と き/8月4日(土) 9:30〜11:00、15:00〜16:30
※予約不要。上記の時間内に直接お越しください。昼前後にも臨時の回を
  開催する場合があります。なお、16:30には完全終了となります。
◆ところ/萩博物館 講座室(無料ゾーン)

くわしくはこちら↓
https://www.yab.co.jp/whatsnew/tototabe

チリメンモンスター.jpg

posted by 管理人 at 14:53| 日記